2017年6月23日 (金)

【スバルXV】祝♪納車(^^)/

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
6/22(木)の会社帰りにXVを引き取りに行きました♪
 
前日は大雨で大変でしたが、
なんとか天気も回復して良かったです。
 
埼京線・浮間船渡駅まで乗り越して、
スバルの営業さんに駅まで迎えに来てもらいました(^^)
 
スバルに到着してすぐに自車を発見!
とりあえず一枚www
 Dsc01023
 
車両の点検と引渡しのための手続きを済ませます。
 
 
予め「950登録」をお願いしたため、
車検証にはその旨の記載がされています。
 Dsc01025
 
けん引の登録には 2種類の方式があります。
被けん引車(引っぱられる方=トレーラー)側に
けん引車(引っぱる方=XV)の型式を登録する従来の方式と、
けん引車の車検証にけん引できるトレーラーの
総重量を記載する新しい方式です。
 
新しい方式であれば、記載された総重量の範囲内であれば、
どのトレーラーでも牽引できるようになります。
この新しい方式を「950登録」と呼びます。
 
XVの場合、主ブレーキありで 1,590kg、
主ブレーキなしで 620kgまでがけん引できることになります。
 
もちろんETCも「けん引あり」で申請済。
 
けん引していないときは「普通」で
1軸のトレーラーをけん引しているときは
1ランク上がって「中型」になります。
2軸の場合は2ランク上がるので「大型」ですね。
 
専用のヒッチメンバーもすぐに発売されるはずなので
それを待って装着したいと思います(^^)v
 
 
任意保険の車両入替手続きも完了しています。
 
ということで、無事引き取り完了♪
 Dsc06673
ちなみにコレは同じクールグレイカーキ色の
LEDライトキーホルダーです(^^)v
 
引き取った帰りにナビ画面が夜色になっていないことに気付きました。
ナビの状態を確認するとイルミ連動の信号は来ています。
時間連動にするとちゃんと夜色になるので故障ではないはず。
ん〜判りません(>_<)
 
一応、営業さんに連絡しておきました。
 
6/23(金)は有休www
朝からクルマ弄りができる日陰を探して走り回ります(^^;
 
今日中に内外装のLED化とその他の簡単な作業は済ませるつもりです。
 
あちこちの日陰で作業しながら、昼前にスバルへ。
 
ナビを確認してもらいます。
待つこと5分で解決しました!
 
メーターの照度を調整できるダイヤルがあるんですが、
そのダイヤルが最大輝度に設定されていると、
ナビ画面やMFD(マルチファンクションディスプレイ)などが
昼色のままで固定となるそうなんです!
 
参考:取扱説明書 267ページ
イルミネーションコントロールダイヤル
 ・ブライト(減光キャンセル)機能
  ダイヤルを一番上(●印部分)に回すと、減光がキャンセルされます。
 
まさか、これに連動しているとは思いませんでした。。。
 
 
さて、問題も解決したのでファーストインプレッションです。
納車前に「2.0i-L」を試乗したときと
基本的な印象は変わりません。
 
やはり大きな違いは足周りが17インチ仕様ではなく
「2.0i-S」は18インチ仕様だということです。
 
17インチに比べ乗り心地が少し固いです。
タイヤのエアボリュームが減るので仕方ないと思いますが、
不快な突き上げがあるわけではないので
ダイレクト感がある分だけスポーティーだと言えますね。
 
長距離を乗り比べてみないと判りませんが、
17インチのほうが疲れが少ないかも?
 
メーカーOPで「ブラックレザーセレクション」を選んだので
シートヒーター付きの電動パワーシートになっています。
 
手動シートでもほぼ満足のいくポジションになりましたが、
電動シートは更に細かく設定できるので
自分的にはほぼ完璧なポジションに設定できます。
 
一つ残念なのはポジションのメモリー機能がないこと。
オイラ以外が運転席に座ることはまず無いのですが、
家族など複数人が運転するという状況では
このあたりがデメリットとなるでしょうね。
 
動力性能的にはオイラには必要十分ですね。
まだ高速は走っていないですが。。。(^^;
 
試乗時には確認できなかったアイサイトの機能などは
後々確認していきたいと思います。 
 Srx04580
 
 Srx04583
 
とりあえず納車前に用意したパーツをいろいろと組み込んだので、
一つずつ紹介していきたいと思います(^^)
 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

【セロー250】自賠責更新♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
セローの自賠責の更新時期になりました。
購入したのが2014年の夏だったので
もう3年経つんですね~
 
購入時になぜ自賠責を3年にしたのか
あまり記憶もない(初期費用を抑えたかった?)ですが、
今回は最長の5年(22,510円)にしましたよ(^^)v
 Dsc06680
 
使い勝手のいいバイクなので、
これからも長く乗っていきたいと思います。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

【スバルXV】納車日確定♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
契約時に納車時期は
「6月下旬~7月上旬」と聞いていたのですが、
ついに納車日が確定しました。
 
群馬工場で完成(ラインオフ)したのが6/6(火)。
販売店に運ばれてきたのが6/19(月)。
その日からDOP取り付けをしてくれていますが、
6/20と6/21が販売店の定休日なので
6/22(木)の夕方に納車(というか引き取り)に行きます♪
 451_1
 
天気はイマイチっぽいけど梅雨だから仕方ないですね。。。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

【AfricaTwin-DCT】エンジンオイル交換(3回目)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
北海道ツーリングに備えて3回目のオイル交換をしました。
 
2回目からの走行距離は約2,700km。
ドレンから排出されるオイルは
見た目はまだ透明度を保っていてキレイでした。
 
入れるオイルはNUTECのNC-50(10W-50)です。
 Dsc06503
 ※写真を撮るのを忘れていたので
  2回目のオイル交換のときの画像を流用です(^^;
 
ちなみに今年の北海道ツーリングは
青森・八戸まで自走してフェリーに乗るので
3,600~3,800kmの走行を予定しているので
ツーリングから戻ったらまたオイル交換ですね(^^;
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

【AfricaTwin-DCT】Moto SmaCon

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
スマホを遠隔操作する
ワイズギアから発売されました。
 
予約してあったので発売から数日で届きました。
 P6170002
 
 P6170003
 
車などで使える「KPP(くるくるピ)」のバイク版ですね。 
 
試しに幾つかの対応アプリを試してみました。
専用アプリの「ミュージック」などは直感的に使えますが、
対応アプリの「ゼンリンいつもNAVI」などは
イマイチ使い勝手が悪かったり。。。
 Q5kysk001y70_01_02_dav
 
まだ対応アプリが少ないので評価は尚早ですが、
うまく使いこなせれば便利かもしれません。
 
基本的な操作はなんとなくわかったので
クマツイにセットしてみました。
 
ミラーに共締めするタイプのステーが付属しています。
クマツイはミラーの位置は悪くないんですが、
スイッチボックスが大きいので手が大きくないと難しいかも?
 Dsc01021
 
セローやスポも確認してみましたが、
そもそもミラーの位置がよろしくないので
残念ながらそのままのステーでは使えないと思います。。。
 
ワイズギアHPにあった紹介ムービーはこちら。。

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

DUCATIアンブレラ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
約4週間前に鳩ヶ谷のDUCATIに
 
といっても、本気で試乗したかったわけではなく
実は「来店でアンプレラプレゼント!」という
キャンペーンに釣られて行ったんですwww
 
「DUCATIアンブレラをその場でプレゼント」とのことだったのですが、
なんと、そのアンブレラが未入荷という残念な状況でした(^^;
 
入荷次第送りますということで、半ば忘れかけていたのですが、
昨日になって宅配便で届きました。
 
届いたアンプレラは想像よりも立派なモノでした。
 Dsc06674
 
 Dsc06675
 
 Dsc06676
 
 Dsc06677
 
ジャンプ式の折りたたみで、
傘本体、カバーだけでなく、握りのエンドにまで
DUCATIのロゴが入っています。
 
ちょっと重めなので携帯するには向きませんが
車の中に置いておくにはいいかもしれません。
 
いいものをもらいました(^^)v
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

【AfricaTwin-DCT】ヘプコ&ベッカー XPLORERの防水対策

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
クマツイ、NC700X-DCTの両車で
ヘプコ&ベッカーの「XPLORER」を使用しています。
 
 【NC700X-DCT】
 P1060120
 
 【AfricaTwin-DCT】
 Dsc06128
ハードケースであるにもかかわらず
XPLORERが"防水"を謳っていないのは
蓋部分からの浸水ではなく、
本体のアルミパネルと樹脂部分の合わせ目から
浸水することがあるためだという情報をネットから得ました。
 
現物で確認してみると、
確かに浸水しても不思議ではない構造です。
 
一応、コーキングはされているみたいですが、
コーキング剤がはみ出しているところもあれば
本当にコーキングされているのか怪しいところも多々あります。
 
幸いにもまだ浸水被害はないのですが
北海道ツーリングの前に予防のためにコーキングしておきます。
 
コーキングする箇所は情報通りに
全てのアルミパネルと樹脂部分の境目。
 
もちろん外側ではなく全てケース内側からの施工となります。
 
NC700X-DCTの時はコーキングガンを使用したのですが、
ガンのサイズが大きいため扱いづらいんです。
 
そこで、今回は家庭用コーキングの定番商品
「バスコーク」を使ってみました。
 91gj8rdhnal_sl1500_
 
100mL入りのチューブですが、
結果的にトップケースとサイドケースをコーキングしても
半分以上余ったので、50mL入りのものでも十分だったかと思います。
 
NC700-DCTのケースを処置したときは
ブラックのコーキング剤を使ったので
コーキング剤が付いては困るところは
予めマスキングして施工したのですが、
今回は「クリア」のコーキング剤を使ったので
マスキングはしませんでした(^^;
 
作業的にはたったこれだけ。
手間はかかりますが簡単ですね。
 
トップケース、サイドケースともに作業完了。
あとはコーキング剤が乾くまで開けっ放しで放置するだけです。
 
 
コーキング前に画像を撮っていなかったので
コーキング後の画像のみとなります。
 
アルミパネルと黒い樹脂部分の境目の
半透明に見える部分がコーキング剤です。
 Dsc01017
 
 Dsc01019
 
元々のコーキングは黒色。
こんなにはみ出しているところもありますwww
 Dsc01016
 
 Dsc01015
 
ひどいですよね~
"ドイツのクラフトマンシップ"のカケラも感じられません(^^;
 
 
でも、これで雨による浸水リスクは大幅に減りました♪
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

【AfricaTwin-DCT】2017 北海道ツーリング(最終準備)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
ツーリング中の宿、フェリー、アクティビティなど
予約が必要なものは全て片付けたつもりでしたが、
一つ忘れていました。
 
くしろ湿原ノロッコ号」の乗車券と指定席の予約です。
 
早朝から釧路湿原でカヌー体験をした後に
 
この場合、細岡駅~塘路(とうろ)駅の
一区間を往復するようなのですが、
欲張って釧路湿原駅~塘路駅の二区間を乗る予定です。
 
まぁ乗車券、指定席ともに
「釧路~塘路」という全区間しか選択肢がないので
間に合いさえすればどの区間でも乗車できます(^^)
 
ノロッコ号は『臨時列車』のため、
「えきねっと」などで予約することができないので、
「みどりの窓口」で直接予約するしかないんです。
 
予約ができるのは『乗車1ヶ月前の10:00から』。
7/13に乗車予定なので、
今日6/13の 9:50にノロッコ号の車両配席図を手に
みどりの窓口に行きました(^^)
 
「10:00からなのでもう少し待ってください(^^)」と言われ、
オイラの後ろに並んでいたお客さんを先に処理してもらいました。
オイラが狙うのは釧路湿原側にあるボックス席の窓際席。
座席番号でいう「A席」です。
 
5分ほどで処理が終わっていよいよオイラの番です。
担当のお兄さんが予め必要事項を入力した状態で
10:00ちょうどに端末のボタンを押下!
 
「・・・・・あ、取れましたね(^^)」
往路は2号車の「5A」、復路は2号車の「4A」が取れました!
 
乗車券が540×2、指定席が520円×2の合計2,120円でした。
 Img_5045
 
これで完璧に予約完了!
出発まで1ヶ月を切っているので
天気予報に注目しながら指折り数えて待つだけです(^^)v
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

【AfricaTwin-DCT】チューブレス化が完了しました!

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

足立区の「モトフリーク」に依頼していた
チューブレス化の作業ですが、 
何の問題もなく施工終了とのことだったので、
6/10(土)に引き取りに行きました。
 Img_5033
 
装着前の『メッツラー ツアランスネクスト』は
タイヤ単体で見るとかなり特異なパターンでしたが、
車両に装着された状態で見るとそんなに違和感はないです。
 Img_5034
 
 Img_5035
 
純正タイヤよりも溝は少ないですが、結構深いです。 
ダートも純正タイヤ程度は走れるかも?
 Img_5023  
 
もちろん、「エアモニ バイク」もセット!
エア圧はメーカーの指定値(F:2.0、R:2.5)にしてもらいました。
 
インプレですが、
純正タイヤの「ダンロップ D610」に比べると車体が軽く感じます。
 
タイヤの個性によるものなのか、 
チューブが無くなったことによる
バネ下の軽量化の影響なのかわかりませんが、
ヒラヒラ感が増しました。
 
逆に極低速で少しフラフラする感じもありますが、
気になるほどではありません。
 
総じて印象はいいですね(^^)
 
雨天走行、高速走行、ワインディング、ダート性能、耐摩耗性などは
随時チェックしていきたいと思います。
 
 
費用も思っていたより安くできました♪
これでパンク修理関係の車載工具も減らせるし、
安心して北海道ツーリングに向かうことができます(^^)v
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

【AfricaTwin-DCT】チューブレス化します!

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
先週末の奥飛騨ツーリングでもパンクに見舞われました。
 
チューブの状態を見る限り
どちらも純正タイヤ内側の異常により
露出したカーカスでチューブが擦れたものだと推測されます。
 Dsc00997_1
 
前回のパンクを受けて導入した「エアモニ バイク」で、
エア圧をモニターしていたので
致命傷になる前に対処できました。 
 Dsc06641
 
 Dsc06659
 
おかげでレッカーを呼ぶこともなく
松本市内のバイク屋までの60kmを
自走でたどり着くことができました。
 
パンクによるロスのために
予め考えていたプランを少しキャンセルして対応しましたが、
一ヵ月後に控えた北海道ツーリングでは
毎日カツカツに予定を詰め込んでいるため、
想定外の時間ロスはできる限り避けたいです。
 
そこで、仮にパンクしてもある程度は走れて
パンク修理も簡単にできる
チューブレスタイヤを履くことにしました。
 
クマツイのスポークホイールはD.I.Dのアルミリムで
チューブレスには対応していません。
 
スポークホイールをチューブレス化するにあたって
定番となっている「アウテックス チューブレスキット」を使用します。
 
クマツイに対応するのは
『FR21214:フロント21×2.15 & リア18×4.00 MT」です。
 
自分で施工しようと思っていたのですが、
現状では作業場所、作業時間とも確保できそうにないこと、
更に施工後にチューブレスタイヤも履かないといけないので
今回はショップにお願いすることにしました。  
 
アフリカツインへの施工実績がある
足立の「モトフリーク」に問い合わせしてみました。
 
問い合わせに際し、参考にしたバイクブロスのブログはこちら
 
チューブレスキットも「バイクブロス」が最安でした。
工賃も1,000円引きになるので言うことなし。
 
今回は北海道ツーリングということもあり
タイヤはオンロードメインの
「ピレリ SCORPION MT-90」にしようと思いましたが、
肝心のブツがメーカー欠品中で納期未定。。。
 
他の候補を探しましたが、クマツイのサイズは
まだあまり選択肢がないんですよね。
 
で、MT-90より更にオンロード寄りの
メッツラー ツアランスネクスト』の評判がいいとのことで、
このタイヤにすることにしました。
「エンデューロストリートタイヤ」というジャンルになるそうです。
2013年6月発売のタイヤなので最新という訳ではありませんが、
必要十分なグリップ力とレイン性能、
耐磨耗性能を備えているようです。
 
人生初のメッツラーです(^^)
 
手配しておいたチューブレスキットが6/8(木)に届いたので、
JR北千住駅近くの「モトフリーク」に車両と共に持ち込み。
 Img_5024
 
6/10(土)に完成とのことだったので、
引き取りに行き予定です(^^)v
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

«JINS 遠近両用メガネができました(0ー0)