2017年10月16日 (月)

2017 MotoGP 日本GP観戦記(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
今年も10/14(金)~16(日)の日程で
栃木県の「ツインリンクもてぎ」で開催された、
『2017 FIM MotoGP世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ』の
観戦に行ってきました。
 
2016年の観戦記はこちら↓↓↓
 
 
2015年の観戦記はこちら↓↓↓
 
 
2014年の観戦記はこちら↓↓↓
 
 
2013年の観戦記はこちら↓↓↓
 
 
今年も備忘録を兼ねて観戦記を記しておきます。
 
*****
 
毎年この話題からですが、やはり最も気になるのは天気です。
直前の天気予報によると
残念ながら 3日間とも雨予報です。。。
 
10/13(金)は有休を取っているので
もてぎに向けて3:00に自宅を出発します。
 
例年通り、R4バイパスを使う下道で茂木を目指します。
自宅を出るときはまだ降っていませんでしたが、
R4バイパスの古河辺りで雨が降り始めました(T^T) 
 
そういえば6月にハイエースからXVに乗り換えて
XVで埼玉県から出るのは初めてだったりしますww
 
当然ながら渋滞もなく、
5:20にツインリンクもてぎ南ゲート付近に到着。
例年より車列が長く、既に下の道まで列が続いています。
 
駐車場で毎年隣になる石沢さんは
前夜の20:30頃から来ているとのことで
いつもなら最前列を確保しているのですが、
今年は前に40台くらいいるとのこと(^^;
 
ゲートオープンは7:00の予定でしたが、
車列が長くなりすぎたためか、
オイラが到着してすぐにゲートオープンされたようで
徐々に車列が動き始めました。
 
5:30少し前に南ゲートを通過♪
 Srx07291  
 
今年は新設された「V字コーナー席」の観戦チケットと
「南エリアの四輪駐車券」を確保しました。
 
昨年と同じS4駐車場の同じ位置を確保成功!
 Pa130002
 
XVではアドレスV125を積んでくることができないので、
BMXを「快適移動仕様」に変更して持ってきました。
 
まず、ブレーキを前後輪に装着。
長いシートポストにレーシーなサドルを装着して
普通に座れるようにしました。
駐輪用にスタンドも装着し、ベルも付けました。
100均のワイヤー錠で防犯対策。
 
ベースの準備も完了したので、
カッパと長靴を着用してBMXでロードコースに向かいます。
もちろんザックも防水ザックです。
 
開催クラスと注目選手を紹介します。
 
【Moto3クラス】
 
「Moto3」は単気筒250cc4ストロークエンジンの車両で、
車両メーカーとしては
ホンダ、KTM、マヒンドラ、ハスクバーナ等が参戦しています。
タイヤはダンロップのワンメイク。
 
ライダーに年齢制限があるのもこのクラスの特徴です。
 
今年は #36 J.ミルが圧倒的な強さを見せ、
ここまで14戦で8勝、271ポイントを積み上げています。
2位の #5 R.フェナティが191ポイントなので
日本GPでチャンピオン確定となる可能性大です。
 
個人的な注目ポイントは
レギュラー参戦している日本人選手3名が
地元でどこまで上位に食い込めるかですね。
 
 #24 鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)
 #71 佐々木歩夢(SIC Racing Team)
 #27 鳥羽海渡(Honda Team Asia)
 
 
【Moto2クラス】
 
「Moto2」はホンダCBR600RRのチューニングエンジンを使用します。
これは同じところでメンテナンスされ、
ECU(エンジンコントロールユニット)も共通、
シャシーのみがプロトタイプとなりますが、
カレックス、スピードアップ、テック3、KTMといった
シャシービルダーがプロトタイプマシンで参戦しています。
今シーズンもほとんどの車両が
カレックスのシャシーを使用しています。
 
タイヤはダンロップのワンメイク。
 
パワーユニットとタイヤが共通なので、
予選から決勝を通して、常に接戦が演じられています。
 
Moto2の注目はやはり"TAKA"こと中上貴晶。
来期からはMotoGPクラスに昇格することが決まりましたが、
昇格前に地元でMoto2クラス2勝目を飾って欲しいものです。
 
 #30 中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia・KALEX)
 
年間チャンピオン争いはほぼ2名に絞られました。
 
 1位:#21 F.モルビデリ(EG 0,0 Marc VDS)248ポイント
 2位:#12 T.ルティ(CarXpert Interwetten)227ポイント
 
 
【MotoGPクラス】
そして最高峰である「MotoGP」は
1000ccの4ストロークエンジンで
メーカーがその威信を賭けて戦っているクラスです。
 
ホンダ、ヤマハ、スズキの国内3メーカーと、
DUCATI、アプリリア、KTMがファクトリー参戦。
 
タイヤはミシュランのワンメイクです。
 
MotoGPクラスの注目ポイントもやはりチャンピオン争い。
 1位:#93 M.マルケス(Repsol Honda Team)224ポイント
 2位:#04 A.ドヴィツィオーゾ(Ducati Team)208ポイント
 3位:#25 M.ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)196ポイント
 4位:#26 D.ペドロサ(Repsol Honda Team)170ポイント
 5位:#46 V.ロッシ(Movistar Yamaha MotoGP)168ポイント
 
年間チャンピオンの行方は
上位5位までが数字の上ではまだ逆転可能ですが、
現実問題として可能性があるのは3位のビニャーレスまででしょうね。
 
鈴鹿8時間耐久レースで3連覇を達成した
中須賀克行選手が今年もワイルドカードで参戦です。
 
 #21 中須賀克行(Yamalube Yamaha Factory Racing)
 
そして青山選手も負傷欠場のJ.ミラー選手の代役で
昨年に引き続き参戦です。
 
 #7 青山博一(EG 0,0 Marc VDS)
 
そしてヤマハのサテライト「Monster Yamaha Tech 3」で参戦している
J.フォルガー選手が感染症にかかったとのことで緊急帰国。
前日にオファーされたという野左根選手も急遽参戦決定です! 
 
 #31 野左根航汰(Monster Yamaha Tech 3)
 
とりあえず注目選手の紹介は以上です。
 
 
BMXでまずは自分の指定席の場所を確認に行きました。
 
今年からV字コーナー席として
130R寄りの「VC-1」と、V字コーナー寄りの「VC-2」が新設されました。
オイラの買ったチケットは「VC-2」です。
 
マルチコースピット横にBMXを止め、
地下通路を渡ってV字コーナー席へ。
 Pa130004
 
 Srx07486
 
指定された席は11列25番で一番後ろの席でした。
 Pa130007
 
席の後方のスペースで観ることもできそうです(^^)
 
コースからの距離はそれほど近いわけではないですが、
130RからS字、V字までほぼ見渡せるので
なかなか良さそうな席です。
 Srx07294
 
 Srx07300
 
Moto3のFP1はここで観戦します。
 Srx07303
 
MotoGPのFP1の前にヘアピンに向かいます。
ヘアピンの立ち上がり、ダウンヒルストレート側は
バズーカ砲みたいな望遠レンズをつけたカメラが
ズラッと並んでいますが、
今年は進入側に行ってみました。
 
ヘアピンは
V字を立ち上がってフルブレーキ⇒フルバンク⇒フル加速の
一連の流れが見えます。
フルバンクのマシンを後方から見るのもいいですね(^^)
 Srx07392
 
 Srx07340
 
 Srx07313
 
Moto2もV字コーナーに戻ってみました。
 Srx07420
 
午後からはダウンヒルストレートを下った先の
90度コーナーへ向かいます。
 
例年は外側のZ席に行くんですが、
今年は内側のG席に行ってみます。
 
 #04 A.ドヴィツィオーゾ
 Srx07514
 #25 M.ビニャーレス
 Srx07599
 #29 A.イアンノーネ
 Srx07503
 #35 C.クラッチロー
 Srx07512
 #46 V.ロッシ
 Srx07554
 #99 J.ロレンソ
 Srx07497
 
こんな転倒シーンもみられました。
 
 #38 B.スミス
 Srx07561
 
 Srx07562
金曜日はまだ観客も少ないので
いろいろと好きな場所から観る事ができます。
 
金曜日の走行はFP2で終了。
 
中央エントランスに寄って出店ブースをチラ見。
 Srx07743  
 
 Srx07746
 
メインストレート脇の
「ホスピタリティガーデン」にも行ってみます。
 
注目はやはり
「ツインリンクもてぎ20th特別企画展示
『ALL STAR』~Best recommend MotoGP Machines」
 Srx07747
 
いわゆる「MotoGP 人気マシン総選挙2017」です。
 Srx07751   
 
1位は「2016年 YAMAHA YZR-M1」。
昨年、ロッシ&ロレンソが駆ったマシンですね。
 
ロッシやマルケスのマシンが多かったです。
 Srx07752
 
 Srx07760
 
 Srx07756
ベースへの帰り際にオフィシャルショップで
MotoGPの公式プログラム(1,500円)を買いました。
 
戻って「ホンダコレクションホール」に行きました。
企画展では
「MotoGP特別展示 Honda RC213V-Sへの系譜」として
Honda RC213V-Sがカウルレスで展示されていました。
 Srx07780
 
 Srx07784
 
 Srx07787
 
 Srx07788
 
もう一つの展示は
 Srx07789
 
 Srx07795
 
 Srx07814
 
 Srx07816
 
ホンダ以外のメーカー車両が展示されるのは珍しいです。
 
 
いつもならアドVで買出しに行っていたのですが、
BMXではさすがに買出しはキツイです。
 
おとなしく持参したカップラーメンでお腹を満たすことにします。
 
あれ??? バーナーがない!
 
どうやら車に積み忘れたようです(-_-;
 
予備のガスボンベもミネラルウォーターもあるのに
バーナー本体がないとどうにもなりません。。
 
自宅を出るときに熱湯を入れておいたサーモスのお湯で
カップラーメンを作ります。
 
さすが、サーモスの「山専用ボトル」
 
14時間近く経っていますが、
まだカップラーメンを作ることができる
ギリギリくらいの温度を保っています。
 
ベッド付きのハイエースと比べるのは酷ですが、
XVでも助手席を倒して寝袋に入れば十分寝られそうです。
 
自宅のBDレコーダーにモバイル接続して
録画したTV番組を観ながら時間を潰します。
 
前日は貫徹だったので、
明日の観戦に備えて早めに寝ることにします。
 
では、おやすみなさ~い...zzzZZZZ
 
(2)へ続きます。 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

【セロー250】久しぶりの泥遊び♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
10/9は『体育の日』、セローで泥遊びをします♪
 
セローでダートらしいダートを走ったのは2016年6月以来、
ドロドロヌタヌタな状況となると2015年11月以来なので
本当に久しぶりです。
 
ここしばらくは一般道がメインだったので、
15T×48Tというノーマルのギア比(3.20)でしたが、
泥遊びに備えて14T×50T(3.57)に変更しました。
 
一般道で普通に使うにはノーマルのギア比が最適だと思いますが、
泥遊びするにはローギアードなほうが楽しいんですよね(^^)
 
 
待ち合わせはフィールド近くのコンビニに10:30なので、
9:00にガレージを出発します。
 
今日の装備です。
上はモックネックのコンプレッションインナーにMXジャージ。
下はMXパンツでした。
ブーツはガエルネの「Gアドベンチャー」です。
 
MXウエアの下には万が一に備えてガード類(チェストガード、
エルボーパッド、ニーシンガード)を装備です。
MXウエアはガード類の装着が前提となっているので、
ゆとりがあってラクなんです。 
 
10月とは思えないほど暑いですが、
ドロドロヌタヌタも想定してカッパも持参しました。 
 
工具類はセローに積み込み、
その他の荷物は防水ザックに入れて背負います。
 
 
セロー購入時に取り付けたETCですが、
最初にちょこっと使っただけでここ3年ほどの使用実績がないので
7,000円近く残っている助成金をクリアすると連絡が来ていました。
使用実績があれば継続できるらしいのですが、その期限が10月でした。
どこかで高速を使わなきゃと思いながら、
結局オール下道で待ち合わせ場所に着いちゃいました。
 
待ち合わせ時間の30分前に着いたのですが、
瀬山さん(トリッカー)はオイラよりも30分も前に到着したとのこと。
それはさすがに早過ぎwww
 
しばらくして戸田さん(シェルパ)も来ました。
 Pa090002
 
今日はこの3台で遊びます。
 
 
早速フィールドに入ります。
 
金曜から土曜にかけて雨が降ったので、
所々に水たまりがありますが、
想像していたコンディションは良かったです。
 Img_1143
 
乗りやすさ重視でカスタムしたセローの調子は抜群なんですが、
あまりに久しぶりすぎて身体がガチガチww
自分でも笑っちゃうくらい乗れてないです。
 
胸に付けたアクションカメラで動画を撮りましたが、
公開できない画しか撮れていないので、
当人達だけの限定公開にしました(^^;
 Pa090004
 
 Pa090005
 
結局、2時間弱くらい遊びましたが、
奇跡的に転倒者ゼロ♪
もちろん危ない場面は何度もありましたけどねwww
 
人間もバイクもほとんど汚れてません。
 
 
お腹が空いたので昼食を食べに行きます。
トンカツの美味しい店があると戸田さんが案内してくれてのですが、
残念ながら準備中。。。
店内にお客さんらしき人影は見えたので、
ちょっとタイミングが悪かっただけかもしれません。
 
すぐ隣にお店があったので行ってみると
そこもトンカツがウリっぽいお店でした。
 Pa090006
 
 Pa090007
 
オイラは「かつ煮セット」の大盛り(1,250円(税別))を注文。
 Pa090008
    
ご飯もうどんもガッツリと大盛りになってました(^^;
 Pa090009
 
残さず完食しました。
 
満腹すぎて帰り道で眠くなるかもww 
 
 
R122でトコトコと帰りますが、
ETCの使用実績を作るために
岩槻-浦和間だけ高速に乗ることにしました。
 
すると岩槻ICの少し手前で突然左足に違和感。
なんと、左足が攣りました(>_<)
 
足付きがよく、軽量なセローだったので
信号で止まったときに両足を着いて支えることができましたが、
これがデカくて重いクマツイだったらと思うと冷や汗がでました(^^;
 
併走していた瀬山さんに別れを告げ、
R122から逸れて岩槻ICへ。
 
セローでは久しぶりのETCゲート。
ところが、入口のETCゲートが開きません(>_<)
バーとバーの間を抜けたので被害はありませんでしたが
ちょっとビックリしました。
 
出口の浦和ICでもゲートが開かなければ
係員に理由を話せばいいかと思いながら
浦和料金所のゲートを通過すると
電光掲示板にちゃんと正規料金の「260円」と表示されました。
 
ということは入口でも通信できていたってこと?
なぜゲートが開かなかったのは謎ですが。。。
 
高速に乗っても下道+αくらいしかスピードを出さないので
岩槻ICまで遠回りした分だけ
多分下道を使った瀬山さんのほうが先に浦和を通過したと思います(^^;
 
 
約2年ぶりの泥遊びでしたが面白かったです♪
これからもちょくちょく行きたいなぁ。。  
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

単眼鏡を購入しました♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
寺社仏閣や博物館など、撮影禁止となっているところは少なくありません。
これまでは「カメラのズーム機能があれば十分」と思っていたのですが、
たとえシャッターを切らなくても
カメラを構えてファインダーを覗きこむだけでマナー違反ですね。
 
先日の奈良ツアーで、オイラが目を細めて仏像を見ていたところ、
隣にいたおじさんが小さな単眼鏡で見ているのに気付きました。
 
なるほど、確かにコレは良さそうです。
 
ツアーから戻っていろいろと調べてみました。
 
ポイントは主に3点。
・倍率
・明るさ
・携帯サイズ
あとは品質と値段ですね。
 
特に参考になったのは
 
ピントを合わせやすい、疲れにくい、
約20cmの近距離から焦点が合わせられる、
メガネをかけたままでも大丈夫なハイアイポイント設計など、
単眼鏡初心者のオイラにはちょうど良さそうな倍率"4倍"の
マルチモノキュラー  4×12」を購入しました♪ 
 
届いたブツは小さくて軽い(49g)です。
 Pa010001
 
ストラップも付けられます。
 Pa010003
 
収納袋も付いてました。
 Pa010004
 
これで寺社仏閣や博物館に行く楽しみが増えました(^^)v 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

【AfricaTwin-DCT】野沢温泉ソロツーリング(2)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
 
 
5:00に起床。
 
外湯は6:00から入浴可能なので早速出かけてみます。
 
まずは宿から3分ほどの「真湯(しんゆ)」へ。
 P9240131
 
泉質は乳白色の単純硫黄泉。
先客は1名。
多分地元の方だと思います。
温度計を持ってこなかったのですが多分45℃くらい。
我慢すればギリギリ浸かっていられるくらいです。
 
前日の恐怖が残っているので早めに上がります。
 
 
次は一番有名な「大湯(おおゆ)」へ。
 P9250001
 
泉質は単純硫黄泉の透き通ったお湯です。
こちらは先客2名。
熊の手洗湯同様、"あつ湯"と"ぬる湯"の二つの浴槽があります。
 
"あつ湯"は絶対に入れないくらい熱いです。
多分48℃越え。
足先だけでギブアップです(-_-;
 
"ぬる湯」でも45℃はありそう。
身体中がジンジンと痺れるくらい熱いです。
 
 
宿に戻る途中にある「河原湯(かわはらゆ)」にも寄ってみました。
 P9250005
 
泉質は含石膏-食塩・硫黄泉です。
 P9250004
 
ここも熱い!
足先だけで断念しました。。。
 
 
今日はめまいの症状はありませんでした(^^)
 
では宿に戻って朝食です。
 P9250010
 
昨日コンプリートした集印帳でプレゼントをもらうために
観光協会が開館する8:30まで宿で時間つぶし。
 
8:20にチェックアウト。
代金は「野沢温泉観光協会 宿泊補助券」でお支払い(^^)
お土産に自家製米(コシヒカリ)も頂きました。
 
観光協会まではバイクで1分足らず。
 
集印帳を提示してプレゼントをもらいます。
"外湯巡り手拭い"か"岡本太郎「湯」タオル"から選べましたが、
手拭いをもらいました。
 P9250011
 
13の外湯の名が書きちりばめられた手拭いでした。
 1512_kanto_3_nozawa_taoru
 
往路と同じ志賀草津高原ルートを戻ります。
 P9250012
 
渋峠の「日本国道最高地点(2,172m)」の石碑前に
クマツイを滑り込ませるとおじさんおばさんに包囲されました。
「これは大きなバイクだね~」
「あら、くまモンが付いてる」
「何ていうバイク?」
「川口から来たの?」
 
質問攻めですwww
 P9250014_1
 
適当に答えながら石碑をバックに写真だけ撮って退散します(^^;
 
そして白根山の駐車場(バイク200円)へ。
 P9250017
 
「湯釜」まで遊歩道を上ります。
 
空はちょっと曇っていたのですが、
湯釜はこれまで見たことがないくらいキレイな色でした♪
 P9250022_1
 
これはわざわざ上ってきた甲斐がありました(^^)v
 
 
帰路からは少し遠回りになるのですが、
渋川の永井食堂に向かいました。
 
到着したのが11:50。
昼食時だったこともあり、そこそこの行列ができていました。
 P9250027
 
「モツ定食大盛」を注文しておくと、
12:10過ぎに着席するとすぐにモツ定食も運ばれました。
 P9250026
 
このスピーディーさがステキです♪
 
 
ふじみ野の「エンルートラボ」へ向かいます。
 
伊豆さんが新たに購入した
「DUCATI スクランブラー フラットトラックプロ」を
見せてもらうためです。
 
既にサイドゼッケンプレートの取外しや
フロントゼッケンカウルのブラック塗装など
プチカスタムが完了していました。
 21766717_10214276895065773_80563381
 
先日試乗した「ICON」はアップハンドルでしたが、
ハンドル位置がかなり低いので印象が随分違います。
 
ハンドル幅が広すぎるとのことだったので、
早速ハンドルをカットすることにしました。
 
アルミのテーパーハンドルなのですが、
レバー類を内側に追い込めるのが片側30mmだったので、
30mmずつカットすることにしました。
 
幅840mmのハンドルを780mmまで切り詰めました。
 
軽く試乗させてもらいましたが、
印象はICONの試乗時とほぼ同じ。
 
ニュートラルに入りづらいのがちょっと気になりますね。
 
 
*************************
 
今回のツーリングは約525kmをオール下道で走りましたwww
ちょうどキンモクセイの開花時期で
走りながら鼻に届く香りが心地よかったです。
 
白根山付近では10℃くらいでしたが、
熊谷では30℃近くあり、
熱いのか寒いのかよくわからない感じでした。
 
それにしても日~月のツーリングってイイですね。
野沢温泉に着いたのが日曜の午後なので
土日の宿泊客のほとんどが帰路についた後で
空いていて良かったです。
もちろん月曜の朝風呂も観光客は少なかったですね。
 P9250007
 
今回は「野沢温泉観光協会 宿泊補助券」を使った旅だったので、
お金を使ったのは
チャツボミゴケ公園の入園料(500円)、
白根山の駐車場(200円)、
永井食堂のモツ定食大盛(770円)、
ペットボトルの水を2本とガソリン代(約3,000円)だけでした。
 
なかなかリーズナブルな旅でした(^^)
 
今回のツーリングルートでも経由した群馬・中之条町に
11月30日使用期限の
「中之条町ふるさと寄付感謝券」も使いにいかないといけないです。
 Img_3711
 
とりあえず、10月下旬に四万温泉に宿を予約しました♪
次はセローで行く予定です(^^)v
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

【AfricaTwin-DCT】野沢温泉ソロツーリング(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
昨年のふるさと納税で
長野県の「野沢温泉村」に納税して
返礼品としてもらった
「野沢温泉観光協会 宿泊補助券」の5,000円券が2枚、
合計 10,000円分あります。
 Pd_c7adf2ccfa9729ad3b07d8b7c34a20af
有効期限が11/11までなので
切れる前に早めに使っておくことにしました。
 
実は7/29~30の日程で計画し、宿も押さえていたのですが、
週末の天気が思わしくないことが判明したため
木曜に宿をキャンセルさせてもらいました。
 
仕切りなおしとなった今回は
9/24(日)〜25(月)の一泊二日で
同じ宿を予約することができました(^^)v
 
ちなみに月曜は有休消化です(^^)
 
 
 
6:00に自宅を出発。
 P9240012
コンテナでアドレスからクマツイに乗り換えて、
いつものように下道で
中之条町の「チャツボミゴケ公園」に向かいます。
 
チャツボミゴケとは硫黄泉など酸性泉に限り成育する特殊なコケで、
日本では草津、阿蘇山等限られた火山帯にだけあるそうです。
この「チャツボミゴケ公園」は東アジア最大の群生地で、
国の天然記念物にも指定されているそうです。
 
9:30に管理事務所に到着。
入園料(500円)を払って入園。
 P9240017
 
管理事務所から穴地獄の駐車場までは更に1kmほど奥になります。
  P9240061
 
穴地獄駐車場から300mほどでチャツボミゴケの群生地に到着です。
 
 P9240034
 
 P9240053
 
 P9240040
 
なかなかお目にかかれないものを見ることができました(^^)
 
穴地獄の遊歩道に"
水池・大池"の案内看板があったので、
釣られるように山道を進んでみました。
 P9240043
 
これが思っていたよりキツかったです。
ぬかるんだ斜度のキツい山道を登ること約800mで
ようやく"水池"に到着です。
 
山の中にひっそりとたたずむ"水池"は
苦労したわりにはちょっと残念な感じ。。。
 P9240046
 
"大池"はここから更に800m先らしいのですが、
あまり期待できそうにないので、
先に進むのはやめて下山しました(^^;
 
 
志賀草津高原ルートを抜けます。
さすがに日曜は車もバイクも多いです(-_-;
 P9240064
 
ほんのり紅葉も始まりつつありました。
 P9240068
 
白根山の「湯釜」にも寄ろうと思ったのですが、
湯釜までの遊歩道の人の多さに諦めました。
 P9240071
 
渋峠の「日本国道最高地点(2,172m)」の石碑前も
バイクを止める隙間もないほどの人だかりだったのでスルー。
 
12:40に野沢温泉着。
予約してある「民宿 三十苅荘(さんじゅうがりそう)」に行きます。
 
本来のチェックイン時間にはまだ早いのですが、
予約時に早めに着くかもしれないと言っておいたので
普通にチェックインさせてもらえました。
 P9250008
 
宿の横の駐車場にクマツイを置いて部屋に荷物を運びます。
今日の宿泊客はオイラだけだとか。
良いことをしたのか、悪いことをしたのかちょっと微妙。。。(^^;
 
いつもならスタンダードなプランで十分なのですが、
今回は10,000円分の宿泊補助券を使い切るために
「10,000円使い切りプラン」をお願いしました(^^)
 
部屋は 8帖の和室。
バス、トイレ、洗面台はありませんが問題ありません(^^)
 P9240076
 
部屋には自家製の野沢菜と
宿泊特典の「集印帳」が用意されていました。
 P9240075
 
メッシュのMXジャージとハーフパンツに着替え、 
巾着袋に集印帳、スマホ、小銭入れ、防水カメラ、温度計を入れて
観光地図を片手に外湯めぐりに出かけます。
 
メッシュのMXジャージはダボッとしていて着心地が軽く涼しいので、
今回のように次から次へを外湯を巡るような場合には最適だと思います。
 
 
温泉街には13の外湯があります。
村の共有財産として「湯仲間」という制度で守られているそうです。
 
まずは宿から一番近い「上寺湯(かみてらゆ)」へ。
 P9240080
 
拓印台はスタンプではなく"拓印式"です。
拓印台に写し取るページとカーボン紙?を載せて
すりこぎ棒で刷ることにより印を写します。
 P9240143
 
ズレないようにキレイに刷り写すのはなかなか難しいです。
 
集印した後、早速入浴です。
一般的には浴室と脱衣場は別室になっていますが、
ここでは浴室に脱衣スペースがあります。
棚や貴重品用のコインロッカー(100円返却式)もあります。
 
ここでは貸切でした。
泉質は、含石膏-食塩・硫黄泉。
透明のお湯です。
 
早速、湯温を測定。
45.6℃。。。熱いです(^^;
 P9240082
 
 P9240083
 
長湯は危険なので、次の湯に向かいます。
 
 
「上寺湯」から1分ほどで
女将のオススメの「熊の手洗湯(くまのてあらゆ)」に到着。
 P9240086
 
集印してから浴室に入ります。
 P9240087
 
 P9240146
 
先客が2名いました。
浴槽が二つあり、
向かって右側が"あつい湯"、左側が"ぬるい湯"になります。
 P9240088
 
ここも泉質は、含石膏-食塩・硫黄泉です。
先客に許可をもらってから湯温の測定。
 
"ぬるい湯"のほうが42.8℃。
普通に十分熱いです。
 P9240090
 
恐る恐る"あつい湯"を測ってみると
なんと47.3℃。。。
 P9240089
 
熱いお湯に耐性がないオイラには罰ゲームのようなものです(^^;
 
入ってみましたが「痛い」ですね。。。
 
先客と話しながら"ぬる湯"でゆっくりしました。
 P9240091
 
思いのほか長湯してしまったようで、
湯から上がるとめまいがします。
ヤバい、立っていられないです。
 
着替えた後、木陰で休んでいると、
近くの旅館の女将さんが「大丈夫?」と声をかけてくれました。
水を飲んだほうが良いと水をくれて、
旅館の前のベンチでしばらく横にならせてもらいました。
 
10分ほどでめまいが少し収まったので
お礼を言ってから宿に戻りました。
 
考えてみれば宿に着いたときに野沢菜をつまんだくらいで
昨夜から何も食べていません。
 
空腹、疲労、水分不足、高温の湯と
条件が重なった結果かなと思います。
 
部屋で1時間ほど横になってから改めて集印に向かいます。
温泉街の中に27箇所の拓印台があり、
集印数によってプレゼントがあります。
 P9240145
 
10ヵ所以上集印すると岡本太郎「湯」タオル、
20ヵ所以上集印すると外湯巡り手拭い
または岡本太郎「湯」タオルがもらえるそうです。
もちろん27箇所コンプリートを目指します。
 
「5:上寺湯」「6:熊の手洗湯」は集印済みなので次に向かいます。
 
「3:麻釜の湯(あさがまのゆ)」
 P9240093
 
「18:唱歌「朧月夜」の歌碑(ふるさとの湯入口)」
 P9240094
 
「25:ふるさとの湯」
 P9240095
 
「17:麻釜(おがま)」
 P9240097
 
 P9240098
 
「24:野沢温泉小唄記念碑(麻釜)」
 P9240103
 
「2:滝の湯(たきのゆ)」
 P9240099
 
「1:大湯(おおゆ)」
 P9240106
 
「16:湯沢神社」
 P9240107
 
「15:薬王山健命寺」
 P9240108
 
「14:温泉薬師堂」
 P9240111
 
「20:あけび細工はとぐるま(健命寺境内)」
 
「19:野沢菜発祥の碑(健命寺境内)」
 P9240109
 
「12:松葉の湯(まつばのゆ)」
 P9240112_2
 
「23:おぼろ月夜の館」
 P9240114
 
「11:秋葉の湯(あきはのゆ)」
 P9240116
 
「26:野沢温泉スパリ~ナ」
 P9240117
 
「10:中尾の湯(なかおのゆ)」
 P9240118
 
「9:新田の湯(しんでんのゆ)」
 P9240120
 
「13:十王堂の湯(じゅうおうどうのゆ)」
 P9240122
 
「27:シュナイダー広場」
 P9240124_1
 
「7:横落の湯(よこちのゆ)」
 P9240125
 
「22:道祖神(さかきや旅館前)」
 P9240127
 
「8:河原湯(かわはらゆ)」
 P9240128
 
「21:道祖神祭り(民宿湯沢裏)」
 P9240130
 
「4:真湯(しんゆ)」
 P9240131
 
やりました!
約3時間かけて無事コンプリートです。
 
それにしても坂が多くて疲れました。
 
宿に帰って夕食を頂きます。
家庭料理チックな料理が並びます。
 
<胡麻豆腐>
 P9240138
 
<馬刺し>
 P9240134
 
<鯛のカマ焼>
 P9240136
 
<信州牛のステーキ>
 P9240139
 
<女将特製の道祖神鍋>
 P9240133
 
<自家製野菜のポトフ>
 P9240141
 
<自家製野菜の漬物>
 P9240135
 
<野沢菜>
 P9240137
 
美味しかったです。
量も十分でした。
 
Wi-Fiも整備されていたので、
部屋に戻ってから自宅のHDDレコーダーに接続して
録画したMotoGP アラゴンGPを観戦しました。
 
便利な世の中になったものです(^^)
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

奈良の世界遺産巡り(3)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
 
 
ツアー3日目(最終日)です。
空には真っ黒な雲も見えますが雨の心配はなさそうです。
 
朝食は和朝食でした。
連泊なので前日と同じメニューだと思っていたら
ちゃんと違うものが出ました。
 Img_5723
 
ちなみに、そうめんの入った味噌汁とごはんはお替り自由です。
お替りしませんでしたけどね(^^)  
 
 
チェックアウトして8:10にバスに乗り込みます。
 
最初は世界遺産『唐招提寺(とうしょうだいじ)』に行きます。
 
拝観時間の8:30少し前についたので入口で待機。
8:30ちょうどに入りました。
 Srx07082
 
 Srx07084
 
朝が早いと静かで人も少なくていい感じです。
唐招提寺は"鑑真"が建立した寺院です。
 Srx07085
 
 Srx07086
 
 Srx07089
 
 Srx07107
 
 Srx07115
 
 
次は世界遺産『薬師寺(やくしじ)』へ。
 Srx07122
 
 Srx07127
 
ここでは僧侶の法話を拝聴します。
 Srx07128
 
30分ほどの法話ですが、
修学旅行生相手に一日5回~10回も法話をしているというだけあって
聞く者を引き込む、さすがの話術でした。
 
<金堂>
 Srx07139
 
<西塔(さいとう)>
 Srx07132
 
 Srx07133
 
<大講堂>
 Srx07137
 
国宝の「東塔(とうとう)」は工事中でシートで覆われていました。
 Srx07130
 
「玄奘三蔵院伽藍(げんじょうさんぞういんがらん)」は
いわゆる”三蔵法師”をお祀りしています。
 Srx07152
 
 Srx07160
 
 Srx07161
 
 
近鉄特急で西ノ京駅から橿原神宮前駅へ約19分の移動。
 Srx07167
 
 Srx07172
 
指定席は「3号車3番B」でした。
 Srx07177
 
 Img_5724
 
 Srx07182
 
 Srx07183
 
駅で先回りしていたバスに乗り込み、
10分ほどで『橿原神宮(かしはらじんぐう)』に到着です。
 Srx07201
 
 Srx07188
 
天照大神(あまてらすおおかみ)の血を引く第一代・神武天皇が祀られています。
 Srx07192
 
 Srx07193
 
巨大な鳥居はヒノキで造られています。 
 Srx07202
 
 Srx07199
 
 
次は2016年にオープンした『キトラ古墳壁画体験館 四神の館』へ。
 
国営飛鳥歴史公園キトラ古墳の壁画や出土品を保存管理・展示する施設です。
 Srx07206
 
 Srx07209
 
 Srx07210
 
施設の裏側には「キトラ古墳」があります。
 Srx07216
 
明日香村を一望できる展望台もありました。
 Srx07226
 
最後は『飛鳥寺(あすかでら)』へ行きます。
"日本最古の仏教寺院"といわれています。
 Srx07270
 
「中金堂」にはご本尊の「飛鳥大仏」が祀られています。
 Srx07265
 
 Srx07237
 
 Srx07239
 
この場所に1400年もこの地にあるそうです。
 
<聖徳太子孝養像>
 Srx07240
 
<阿弥陀如来坐像>
 Srx07238
 
 Srx07264
 
車窓から聖徳太子誕生の地に太子自身が創建したとされる
橘寺(たちばなでら)』が見えました。
 Srx07272
 
これで全ての観光は終了。
バスに乗り込み、またまた三河安城駅まで長距離移動です(^^;
 Srx07279
 
18:44発のこだま676号に乗車。
指定席は「12号車8番C」でした。
 Srx07281
 
 Srx07284
 
車内では「松阪牛弁当」を食べました(^^)
 Srx07287
 
 Srx07289
 
定刻21:16に東京駅に到着。
 
京浜東北線が人身事故のため運転を見合わせているという
車内アナウンスありましたが、到着直前で運行を再開したようです。
助かりました(^^)
 
3日間といっても、初日の朝遅くに集合して、
最終日も早い時間に解散となるツアーが多い中、 
たっぷり3日間楽しめました。
 
********************************
 
秋の奈良は修学旅行のメッカで、
有名処の寺社仏閣には日に数十校が訪れるとか。
今回は3連休ということもあり、
修学旅行生に遭ったのは法隆寺だけでした。
しかもツアーが帰る時に修学旅行生が到着だったので
見事に入れ違いでした。
 
幸いにも台風18号の影響は初日に降られただけ。
逆に台風のおかげでライトアッププロムナードもほぼ貸切だったりと
室生寺にいけなかったこと以外はいい方に働きました。
 
そういう意味では少しラッキーだったかも?
 
 
なお、今回巡った世界遺産のうち、
「興福寺」「春日大社」「東大寺大仏殿」
「東大寺二月堂」「唐招提寺」「薬師寺」は
構成遺産として登録されていますが、
単独で世界遺産に登録されています。
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

奈良の世界遺産巡り(2)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 

 
 
ツアー2日目。
台風18号の速度がかなり遅く、
曇っているもののまだ雨は落ちていません。
いつまで降らずに持ってくれるかに期待です。
 
まずはホテルで朝食。
朝食は 「和朝食」になります。
ホテル内の日本料理店なので旨いです。
 Srx07080
 
 P9170001
 
8:10にバスに乗り込み出発です。
 
 
9:00に現着。
 Srx06879
 
 Srx06880
 
大きい寅の張子がお出迎えです(^^)
 Srx06884
 
 Srx06891
 
馬に乗る聖徳太子の像もありました。
 Img_5715
 
ご本尊は毘沙門天王。
 Srx06907
 
 Srx06905
 
 Srx06909
 
毘沙門天王の使者である百足(むかで)が
あちこちに描かれています。
 Srx06915
 
 Srx06920_2
 
本堂では「戒壇巡り」(100円)をすることができます。
 Srx06913
 
 Srx06914
 
本堂の真下の真っ暗な回廊を壁伝いに進みます。
うっすらと見える灯明の場所に
十二支生まれ年の守本尊の仏像が8体お祀りしてあります。
オイラは午年なので「勢至菩薩(せいしぼさつ)」が守本尊だそうです。
 
更に進むと大きな錠前があります。
この錠前に触れることにより、
毘沙門天王のお告げにより納められたという
宝の珠「如意宝珠」に触れたのと
同じ功徳が与えられるとのことです。
 
信貴山開祖 聖徳太子、宗祖 弘法大師、中興開山 命蓮上人 歓算上人、
四国八十八ヶ所ご本尊さまをお祀りしている「開山堂」の横には
八十八カ所各寺のお砂を敷いてあり、お砂踏みめぐりができます。
松山の家から最寄の「第49番札所 浄土寺」ももちろんありました。
 Srx06923
 
 Srx06922
 
 Srx06929
 
 
次は世界遺産『法隆寺』へ。
 
1993年12月に日本で一番最初に世界文化遺産に登録されたのが法隆寺です。
 Srx06942
 
 Srx06944
 
世界遺産に登録されている法隆寺の47棟と
法起寺の1棟(三重塔)のうち
8世紀以前に建造された11棟の建物は、
現存する世界最古の木造建造物だそうです。
 
「南大門」から「中門」をくぐり「西院伽藍(さいいんがらん)」へ。
 Srx06968
 
 Srx06951
 
 Srx06952
 
「金堂」には「釈迦三尊(しゃかさんぞん)像」を中心に、
「薬師如来(やくしにょらい)座像」、「阿弥陀如来(あみだにょらい)座像」、
「四天王像」、「吉祥天(きちじょうてん)立像」、
「毘沙門天(びしゃもんてん)立像」の諸像が安置されています。
 
そして有名な日本最古の「五重塔」。
 Srx06967
 
「大宝蔵院」を拝観します。
 Srx06978
 
有名な「百済(くだら)観音像」、「夢違(ゆめたがい)観音像」も見えました。
 
「東大門」を一旦出て「東院伽藍(とういんがらん)」へ。
 Srx06980
 
「夢殿(ゆめどの)」のご本尊である
秘仏「救世(くせ)観音」は観ることはできませんでした。
 Srx06991
 
 Srx06989
 
 
法隆寺に隣接する「中宮寺(ちゅうぐうじ)」にも行ってみました。
法隆寺のパンフレット持参で通常600円のところ500円で拝観できました。
 Srx07007
 
 Srx06999_2
 
もちろん弥勒菩薩(みろくぼさつ)と呼ばれる
「菩薩半跏像」を拝観するためです。
 Srx07005
 
おっと、拝観に時間を使いすぎました(-_-;
バスの集合時間は13:00で、時計を見ると12:40、
あと20分しかありません。
 
ダメ元で法隆寺前にあるレストランに飛び込み、
早めに用意できそうな「ミックスフライ定食」を注文しました。
 
オイラが料理を待っている間に
食事を終えた同じツアーの参加者が会計を済ませて店を出て行きます。
 
料理が出てくるまで約8分。
 Img_5720_2
 
そこから3分で完食しました。
味噌汁がめっちゃ熱かった~(^^;
 
会計を済ませ100mほど離れた駐車場までダッシュ!
ギリギリでしたが集合時間に遅れずにすみました(^^)v
 
法隆寺は主要建造物や安置される仏像の
ほとんどが国宝or重要文化財、
こんなに見所が多いのに2時間ちょっとの拝観時間は短すぎます。
ツアーだから仕方ないですけどね。。。
 
 
次は『室生寺(むろうじ)』を拝観する予定でしたが、
台風の影響で警報が発令されていることから
11:30の時点で閉館となったそうです。
 
「金堂外陣」の特別拝観には期待していたので残念です。
 
 
約50分のバス移動で2日目最後の『長谷寺(はせでら)』へ
 Srx07014
 
 Srx07074
 
本堂まで続く「登廊(のぼりろう)」は約400段の緩い階段です。
 Srx07066
 
ご本尊は「十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)」。
10mを超える大きな立像で、
通常は僧侶が持つ錫杖(しゃくじょう)を持つ像は珍しいそうです。
 Srx07034
 
 Srx07030
 
 Srx07048
 
長谷寺は"花の御寺"として多くの俳人にも愛された寺だそうです。
ただ、時期的にほとんど花はありませんでした(^^;
 
 
室生寺の拝観がなかったので、予定よりもかなり早くホテルに戻りました。
 
一日中、傘を手にしていましたが、
一度も差すことはありませんでした。
 
でもいつ降り出してもおかしくない空模様だったため外食は諦め、
JR奈良駅の1Fにあるスーパー「MaxValu(マックスバリュ)」で
惣菜を買って帰ってホテルで食べることにしました。
 Img_5721
 
奈良名物「柿の葉寿司」もあったので買いましたよ(^^)
 
夜に降り出した雨は時間と共に強くなりはじめました。
台風の速度も急激に上がったようで、
夜のうちに抜けてしまう予報です。
 
ひょっとすると明日は台風一過でいい天気になるかも?
 
 
 
 
にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

奈良の世界遺産巡り(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
9/16(土)~18(月祝)の2泊3日で「クラブツーリズム」の
『7つの世界遺産と6つの神社仏閣・史跡を巡る3日間』というツアーで
奈良を訪れてきました。
 
奈良観光なんて小学校の修学旅行以来だと思います。
その時にどこを巡ったかなんてほぼ忘れてます(^^;
 
まぁ覚えていたとしても大人になってからだと
小学生のときとは違う見方になると思いますけどね。
 
台風18号の影響で、3日間とも雨模様が濃厚です(>_<)
残念ですがこればかりは仕方ないですね。。。
 
 
集合はJR東京駅の日本橋口に7:05。
東京駅までは京浜東北線一本で行けるのでラクチンです♪
 
新幹線を降りてからのバスは2台で運行とのこと。
その2台とも満席と好評なツアーらしく、
オイラは1号車を配車されました。
 
7:26発の名古屋行こだま635号に乗車。
指定席は「12号車12番C」でした。
 Srx06637
 
 Srx06638
 
東京駅で買った「30品目のバランス弁当」をいただきます。
駅弁を食べながらというのは列車旅の魅力の一つですね(^^)
 Srx06642
 
 Srx06643
 
掛川あたりで雨が降りだしました(ー_ー;
 
それにしても"こだま"って時間がかかりますね~
走っている時間と同じくらい駅に停まっている気がします(^^;
 
定刻9:58に三河安城駅で下車。
なんでこんな手前で?と思いながらもバスに乗り換えます。
今回のバス運行は「帝産観光バス」です。
 P9160002
 
 Srx06876
 
最初の目的地は奈良公園。
 
伊勢湾岸道と東名阪自動車道を経由して
約90分で「名阪関ドライブイン」に到着。
 
店内で"めはり寿司"を見つけて即ゲット!
5年前の熊野ツーリングで初めて食べたのですが、
その時の記憶が蘇ってテンションが上がります(^o^)
 Srx06641
 
名阪国道経由で奈良公園に向かいます。
 
13:50に奈良公園に到着。
 
最初は世界遺産『興福寺』からです。
ところが、駐車場でバスを降りて「東金堂」へ行くと
直前まで東金堂前で槍の演舞をしていたそうで、
その片付けがあるので15:00頃まで拝観できないとのこと。
 Srx06646
 
『興福寺』の次に予定していた
先に参拝することになりました。
 Srx06699_1
 
 Srx06700_2
 
 Srx06660_1
 
 Srx06675
 
 Srx06679
 
 Srx06684
 
 
15:00を過ぎ『興福寺(こうふくじ)』に戻ります。
 Srx06719  
 
東金堂(とうこんどう)」を拝観します。
 
堂内には本尊である薬師如来(やくしにょらい)像を中心に
日光(にっこう)菩薩像、月光(がっこう)菩薩像、
文殊(もんじゅ)菩薩像、維摩居士(ゆいまこじ)像、
四天王(してんのう)像、十二神将(じゅうにしんしょう)像が安置されます。
 
全ての像が国宝or重要文化財。
圧巻ですね!
 
「国宝館(こくほうかん)」は今年一杯は耐震工事のため閉館中とのこと。
 Srx06720
 
本来「国宝館」に安置されている秘宝は
一時的に「仮講堂(かりこうどう)」に納められているそうです。
 
その仮講堂では「阿修羅 天平乾漆(てんぴょうかんしつ)群像展」として
特別拝観を期間中別途500円できました。
 Srx06706
 
 Srx06708
 
 Srx06711_2
阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像を中心に
19体の美しく力強い諸像が並びます。
その中にはオイラの大好きな"阿修羅像"もありました!
 
やはり実物は素晴らしいです。
時間が経つのも忘れてずっと観ていられますね。 
 
外からチラッと見えたので超望遠で隠し撮り(^^;
 Srx06710
 
 
次は世界遺産『東大寺』へ。
近距離ですがバスで移動です(^^;
 Srx06725
 
この時が一番雨風が強かったかも?
 Srx06729
 
 Srx06737
 
 Srx06740
 
"奈良の大仏"としてあまりにも有名な
「盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」を納める「大仏殿(金堂)」は
幅(東西)57.5m、奥行50.5m、高さ49.1mの巨大な木造建築ですが、
幅は創建当時の約2/3になっているそうです。
 Srx06746
 
お馴染みの"奈良の大仏"は高さ約14.7mとこちらもやはり巨大です。
 Srx06771
 
 Srx06812
 
 Srx06781
 
 Srx06798
 
二月堂
 Srx06837
 
 Srx06830
 
宿泊は奈良公園そばの「奈良ワシントンホテルプラザ」に連泊となります。
 Srx07077
 
 Srx06843
 
夕食のついていないツアーなので、
チェックイン後は自由行動。
 
JR奈良駅そばの「かすうどん 加寿屋(かすや)」に行ってみました。
 P9160010
 
セットメニューのミニ丼セットで、
"かすうどん"とホルモン丼(ミニ)を注文。
 
"かすうどん"とは牛の腸を油で揚げた「油かす」という
大阪南河内地方の郷土料理をトッピングしたうどんです。
 P9160007
 
正直、それほど期待していなかったのですが、
予想に反してなかなか美味いです♪
 
 
いくつかの施設がライトアップされているので行ってみます。
 
台風接近中で風は非常に強いですが
とりあえず雨は降っていないので改めて奈良公園に向かいます。
 
昼間に観るのと、夜間にライトアップされた状態で観るのとでは
かなり印象が違いますね。
 
<興福寺五重塔>
 Srx06844
 
<春日大社一之鳥居>
 Img_5702
 
<浮見堂>
 Srx06852
 
<東大寺 仁王門>
 Srx06854
 
 Img_5706
 
 Img_5709
 
<東大寺 大仏殿>
 Img_5711
 
<奈良国立博物館仏教美術資料研究センター>
 Srx06869
 
<奈良国立博物館なら仏像館>
 Srx06872
 
 
夜の奈良公園内は暗いのですが、
いたる所にシカがいるので
ドキッとすることが多々ありました(^^;
 Srx06874
 
1時間30分ほどかけて歩きました♪
 
途中、少し霧雨に降られましたが、
傘なんか差した瞬間にぶっ壊れそうな強風だったので
諦めて濡れながら歩きました。
でも涼しくて気持ちよかったです(^^)
 
こんな天気なのでほぼ貸切状態で観ることができました。
ある意味、ラッキーだったかも?
 
明日は台風直撃の可能性大です。。。
 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

DUCATI スクランブラーに試乗しました♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
 
鳩ヶ谷のDUCATIにスクランブラーの試乗に行きました。
 
そういえばここでは5月にもムルティストラーダの試乗をしましたね。
 
お店に着くと「1299 Superleggera」がお出迎え。
マットカラーが精悍でした。
 P9100004
 
 P9100006
 
スクランブラーってベースとなるのが800ccクラス(803cc)の「ICON」。
そこから様々な派生モデルがあります。
 
もうひとつが400ccクラス(399cc)の「Sixty2」。
現行ラインナップのなかで唯一中型免許で乗れるドカです。
 
今回試乗できたスクランブラーは赤の「ICON」でした。
 P9100019
 
 P9100020
 
最初の印象は「小さい」。
フロント18インチ、リア17インチを履きますが、
さっそく跨ってみます。
シートも低いですね。
短足のオイラでも両足の踵までバッチリ着きます(^^)
 
で、車体が軽い!
装備重量で186kgとスポーツスターよりも約80kgも軽いんです。
ホンダCB400SFが約200kgなのでその軽さが判ると思います。
 
アップライトでハンドル幅が広いので
セローから乗り換えても違和感がないほどです。
 
スポーツバイクばかり乗っている人は
ハンドル幅の広さに違和感を感じるかもしれません。
 
目に入るのは右側にオフセットされたメーターのみ。
スポーツスターに勝るとも劣らないシンプルさです。
 P9100011
 
ちょっと気になったのはウインカースイッチです。
 P9100008
 
かなり背の高い特殊な形状なので、
左にウインカーを出すときに親指を大きく動かす必要があります。
クラッチレバーとの同時操作はちょっと難しいかな?
 
では全長約9.5kmの試乗コースへ。
 
湿式のクラッチは気を使うことなく繋がります。
 
空冷L型2気筒のエンジンは下からトルクがあります。
低めのギアを選択して回してやると
かなり元気に走ります。
 
エンブレが強めなのはドカらしいですね。
 
6速55km/hも許容してくれるので、
ズボラ運転も十分できますwww
 
途中、いくつかの信号で止まりましたが、
たまにニュートラルに入りづらい時がありました。
これはちょっとストレスですね。
 
 
軽量な車体ですが、軽快感はそれほどありません。
言い方を変えれば、程よい落ち着きがあるので
フラフラすることもありません。 
 
フロントサスはちょっと硬めかな?と感じました。
 
ブレーキは必要十分、良く効きます。
セミフローティングローターのガタのせいか
フロントブレーキを掛けた状態でフロントをストロークさせると
ブレーキレバーに"コツッ"という反応があります。
 
ちょっと気になったのでメカニックの方に尋ねましたが、
こういうものだそうです。
 
個体の問題なのかと思ったので
他の展示車両でも確認してみましたが、
同様の反応があったので、仕様なんですね。
 P9100005
 
気にしなければ全く気にならないと思いますが、
一旦気になってしまうとね。。。(^^;
 
気難しいところもないし、
取り回しもしやすいので、
ちょっとコンビニまで、といった普段使いから
ツーリングも十分にこなせそうです。
 P9100018
 
試乗では確認できませんでしたが、 
スポーツ走行もそれなりにこなせるかもしれません。
 
モンスターよりもスクランブラーの方が
使い勝手はいいと思いました。
 
楽しかったです(^^)v 
 
 
にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

【セロー250】サイドスタンドをアルミ製に!

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
セローのサイドスタンドをアルミ製に替えました。
 
といっても真の目的は軽量化ではありません。
 
TECHNIXの足周りを組んで車高が上がってしまったため、
サイドスタンドの長さが足りずに
車体の傾きが大きくなりすぎていました。
フロントフォークの突き出しを大き目にして
なんとか誤魔化していましたが、
サイドスタンドを長くすれば解決する問題なので
いずれは延長加工をしようと思っていました。
 
トリッカー乗りの瀬山さんから
「某オクにアルミ製のサイドスタンドが出ている。
作っているみたいだからロングも作ってくれるかも?」
という情報を得たので、早速問い合わせしてみました。
 
出品している価格から追い金は必要になるが、
ロングスタンドも作成可能とのこと。
 
地面に接するお皿の部分も大型化するんですが、
単純にロングにするだけでは
お皿と地面の角度が合わない可能性があるので、
車両持ち込みしてもらえれば現車合わせで作ります!
と言ってもらえました。
 
これは嬉しい!
 
しかも持ち込み先がウチから結構近い!
 
某オクのシステムに則って正式に落札し、
後日車両持込みで作成してもらうことにしました。
 
本来なら2~3日車両預かりで。。ということだったのですが、
無理を言って即日対応してもらうことになりました(^^;
 
 
作業日の9/9(土)。
 
車両持ち込み前にコンテナで
フォークの突き出し量15mmに再調整します。
 
加工してくれる所は、自宅から30分ほど。
 
 
挨拶もそこそこに早速作業に入ってくれました。
 Img_5672
 
 Img_5673
 
お皿を付けるところ以外は仕上げておいてくれたので、
作業開始から40分ほどで完成!
 
溶接跡もキレイです。
 Img_5687
 
 Img_5688
 
最終的にノーマル比20mmロングとなりました。
 Img_5676
 
 Img_5677
 
スタンドを上げた時のスイングアームとのクリアランスも問題無し。
 Img_5685
 
傾きも補正されていい感じ♪
 Img_5679
 
 Img_5686
 
お皿が大きくなったことも合わせて
路面状態に関係なく
どこでも不安なく止めることができそうです(^o^)
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

«OAKLEY CATALYSTを遠近両用にカスタマイズ!