2018年7月29日 (日)

「さぶログ Part.2」から『さぶログ Part.3』へ!

ブログの容量が一杯になってUPできなくなったので新たなブログ『さぶログ Part.3』を作りました。
もし、ブックマークされている方がいましたら、お手数ですが 変更お願いしますm(_|_)m
新しい『さぶログ Part.3』のURLは以下の通りです。
 
元のブログはもちろん生きています♪
 
『さぶログ Part.2』
 
『さぶログ』
 
今後ともよろしくお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

【カヌー】モンベル パドリングシューズ

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
土曜日に寄居町の荒川でカヌーを漕いでいる時に、履いていたシューズのソール(白いところ)が剥がれました(>_<)
 P7140002
 
SUPも初体験しましたが、このときはまだ大丈夫でしたね。
 P7140011
 
インナー(黒いところ)が取り外せて洗えるので重宝していたのですが、やっぱ安物はダメですね〜
 
一応「セメダイン スーパーX」で修理してみましたが、耐久性には問題ありかも?
 Img_7119
 
KEENのサンダルは砂や小石があるところだと入り放題なので痛いんですよね(^^;
 
ということで、ちゃんとしたシューズを買いました。
 
モンベルのパドリングシューズです。
 Img_7116
 
暑い時期なので、メッシュにしました。
 Img_7117
 
ソールは水中でも優れたグリップ力を発揮するという「アクアグリッパー」。
 Img_7118
柔らかすぎず、それなりの硬さがあるので、尖った石の上などでも足の裏を守ってくれそうです。
 
やっぱり専用のものはそれに特化しているので具合がいいですね(^^)
 37039742_1606561162803398_3423542_2
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

【カヌー】初カヌーから1年経ちました♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
初めてカヌーに乗ったのはちょうど1年前の 2017年7月12日でした。
 Srx05598
 
北海道ツーリングで一通りの観光地は巡り終え、より深く北海道を楽しみたいということから、アクティビティの一つとして組み込んだカヌー体験でしたが、まさか自分がここまでハマるとは思いませんでした(^^;
 
初回のカヌー体験をはじめ、北海道に行くたびに『ぢぢカヌー』さんでお世話になっています。
自艇を手に入れてからは休みになると天気予報とにらめっこしながら近く川や湖に出かけるようになりました。
自艇を運ぶのはバイクでは無理なので、自ずとバイクの出番は減り、車ばかりになっています。 
 Img_7077
 
当然ながら「さぶログ」の記事もカヌーのネタばかりですね(^^;
まぁ当面はこの傾向が続くと思いますwww
1年の間に手に入れたカヌーは3艇(うち1艇は既に売却)。
 
 <マッドリバー エクスプローラー16>
 Rx401468
 
 <オールドタウン パスファインダー15>
 P4210005
 
 <オールドタウン チャールズリバー16>
 P6300006
 
今は来るべき冬に備えて、寒くなっても安心してカヌーに乗れるように"ドライスーツ"が欲しいです。
 
でもなかなかお高いんですよね~ 
安全&安心のためとはいえ、新しいことを始めると、何かと物入りですね。。。(^^; 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

来年も「しばれフェスティバル」に行くぞ~! 開催されればねwww

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
少し。。。じゃないな、かなり気が早いですが、来年の「しばれフェスティバル」参加のためにパックツアーを予約しましたwww
 
「しばれフェスティバル」とはなんぞや?という方はリンクを参照してください。
  Top_2
 
もちろん目的はメインイベントとも言える『人間耐寒テスト』への参加です!
要は"日本一寒い町"北海道・陸別町で2月上旬という通常一年で最も寒い時期に、氷のカマクラ"バルーンマンション"で一晩過ごしましょう!というイベントです。
 
実は今年(2018年)の2/3(土)~4(日)にかけて開催された同イベントに参加しました。
バルーンマンションには入らずに、外で焚き火をしながら一晩明かしました(^^)
 Img_6373
 
-30℃という極限の寒さを体感したかったのですが、全く気温が下がらず、-11℃止まりとなんとも中途半端、期待はずれのまま終わりました(^^;
これは「来年も来い!」というメッセージだと勝手に解釈し、開催されるなら来年もほぼ同条件になるだろうとの推測のもと、イベントの開催有無も未定のままですがツアーの予約に踏み切ったという訳です(爆)
 
思い返せば、前回の参加表明も夏でした。
 
暑い日が続いていると、寒さが恋しくなるのかな?
 
ちなみにパックツアーは3泊4日のレンタカー付です。
ホテルは最初の1泊だけ予約しました。
2泊目は「人間耐寒テスト」なので不要、3泊目の宿についてはゆっくりと考えますwww
 
夏の北海道で一人で泊まることができる宿はなかなか予約が取れませんが、冬なら結構取りやすいですからね(^^)
 
この歳になると、半年なんてあっという間ですからねwww
 
おっと、その前に来月には"北海道カヌー旅行"があるんだった!
こちらも超楽しみですo(^0^)o 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

【カヌー】チャーリーとパスを比較♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
レッドのチャールズリバー(チャーリー)とグリーンのパスファインダー(パス)と並べてみます。
 
まずは長さ。
センターにあるヨークの位置を合わせましたが、こんなに長さが違います。
 P7010001
 
こうやって並べてみるとバウの形状の違いが良くわかります。
チャーリーのほうがより高く反り上がっていますね。
 P7010004
 
サイドの形状もかなり違います。
パスは船底からガンネルまでまっすぐ上がっていますが、チャーリーはポッコリと膨らんでガンネルで絞られています。
 P7010002
 
パス同様にチャーリーにもドリンクホルダーを付けました。
 P7010006
 
 P7010005
 
 
では、単管パイプで組んだカヌーラックに載せてみます。
バッチリ2艇並べて載せることができました(^^)v
 P7010011
 
チャーリーの高いバウがコンテナの天井とラックの間を通るように計算して組んだのでちょっと低めですが、一応バイクの出し入れも可能です。
 P7010013
 
でも気をつけていないとカヌーやラックに頭をぶつけます(^^;
 
とりあえず、バイクとカヌーを仕舞うことができて良かったですo(^o^)o
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

【カヌー】チャールズリバーRX 初漕ぎ & Mavic Air初飛行♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
昨日ゲットした『オールドタウン チャールズリバーRX』。
初漕ぎの場所に選んだのは寄居町の荒川です。
 
寄居町の高田さんに声を掛けて一緒に行くことに(^^)
高田さんもカヤックの進水式になります。
 
川口は強風が吹いていましたが、寄居はほぼ無風。
たまに涼しい風が吹くくらいでした。
 36347125_1585377568255091_689140411
 
 Img_7081
 
では漕ぎ出してみます。
 36401061_1585377011588480_875885194
 
 P6300007
最初の漕ぎ出しは軽いですね。
流れに逆らって漕ぎ上がるときもよく進みます。
直進性はかなり良好。
逆に曲がるのはちょっと苦手な感じです。
反応がワンテンポ遅れる感じですが、静水なら全く問題ないと思います。
 
バウが大きいからか風の影響は受けやすいです。
 Img_7082
 
 Img_7083
 
この角度から見ると船体横が真っ直ぐなパスファインダーと違い、ガンネル下がポコッと膨らんでいるのがわかります。
 P6300010
ガンネル部で絞られたデザインはちょっと色っぽいです(^^)
 
ランチは寄居名物・今井屋の「ソースカツ丼」。
 Img_7092
 
 Img_7093
 
 Img_7094
 
分厚いカツを使ったソースカツ丼は美味しかったです(^^)
 
そして、ドローンの練習へ。
高田さんに教えてもらいました。
 36408596_1585545864904928_220635306
 
ちゃんと飛んでますww
 36434289_1585546041571577_407572871
 
ドローンのカメラで自撮り(^^)
 Dji_0009_2
 
初の空撮は超ヘタクソ(爆)
 
 
これから練習します(^^;
 
それにしても初めてカヌーに乗ったのが2017年の7月の北海道ツーリングの時のカヌー体験。
そこから1年足らずで自艇を2艇も持つことになるとは想像もしていませんでした(^^;
 
これで漕ぎ出すフィールドやその日の気分で2艇を使い分けることができます♪
でも今夏の北海道カヌー旅行に連れて行くのはやっぱりパスファインダーかな?
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

【カヌー】オールドタウン チャールズリバーRX

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
現在の愛艇はグリーンの『オールドタウン パスファインダー15』。
ロイヤレックス素材の全長452cm×全幅91cm、重さ25.8kgという手頃なサイズの艇です。
初めてカヌー体験をした、北海道の『ぢぢカヌー』さんで乗らせてもらったのも同じパスファインダーだったのでなんとなく愛着があるというのもあります。
 
バウ(船首)とスターン(船尾)が丸く反り上がった形が好きです♪
 P4210005
 
 Rx401468
シュッとしたモダンな形状のほうが艇としても性能はいいという話もあるようですが、オイラレベルのお遊び程度なら性能なんて関係なし。
好きな形状の艇に乗るのが一番だと思います(^^)
 
でも、もう一つ気になっていた艇があります。
それが『オールドタウン チャールズリバーRX』。
 1006charlesriverroyal_compjpg
 
全長500cm×全幅89cm、重さ28.0kgという一回り長い艇で、バウとスターンの反り上がり方がパスファインダーよりもっとクラシックな感じで、いかにも「カナディアンカヌー」といった形状です。
既に販売されなくなったロイヤレックス素材の艇の中で、国内では多分2014年頃?まで新品を入手できた艇のようです。
現在はほぼ同じ形状の「チャールズリバー158」という艇が販売されているので、これなら新品を手に入れることができますが、素材が"ロイヤレックス"ではなく"3層リニアポリエチレン"のため、36kgもあるとのこと。。。
車への積み下ろしなども含めて常に二人というのであればアリなのかもしれませんが、基本ソロのオイラは重い艇は勘弁です。。。(^^;
 
パスファインダー入手後もずっと某オクやフリマサイトなどにアンテナを張り続けていたのですが、ついに某オクに出品されました!
 
すぐに詳細をチェックすると、2011年に新艇で購入したというレッドのワンオーナー艇で、倉庫保管。
掲載されていた画像を見る限りかなりの上物で、なんと同じ川口市内♪
 
すぐに問い合わせをして現物を確認させてもらいました。
 Img_7055
 
 Img_7057
 
オイラのパスファインダーも20年落ちとは思えないほどの上物だったのですが、わずか7年落ちのチャールズリバーは驚くほどのコンディションの良さでした。
使用回数も1桁とのことで、底面などは使用に伴う擦り傷等ありますが、レッドの船体色に退色もなし、艇内は新品同様です。 
 Img_7056_2
 
これはヤバイ。。。マジで欲しい。。。
こうやって出会ったのもきっと運命です。
 
すぐに『ぢぢカヌー』のぢぢさんに電話してチャールズリバーについて訊いてみました。
パスファインダーとの操作性の違いや、特性などについて教えてもらいました。
基本的にネガなことはなく、パスファインダーとはかなり違った性格の艇のようなので、手に入れるなら乗り換えではなく増艇かなと。。。
 
そうなると問題は保管場所です。
 
すぐにコンテナに直行してどうすれば2艇を保管できるか考えました。
現在は1艇なので、タイダウンでコンテナの中に吊るしているのですが、2艇を吊るすのはちょっと難しいです。
かといってスペース的にはコンテナの上部空間のみ。
幅的には2艇を並べることはできるので、コンテナ内に単管パイプでラックを組んで、そこに並べて置くことにしました。
 
大まかな図面を作成し、必要な単管パイプの長さを算出。
近くのホームセンターに行ってみます。
う~ん、べらぼうに高いわけではないのですが、地味に高い。。。(^^;
 
できるだけ費用は押さえたいので、オイラのスカイウェイブを引き取ってくれた宮田くんに相談したら、中古のパイプを譲ってくれるとのこと。
これは嬉しい(^^)
 
置き場所の問題はほぼクリアとなりそうなので、あとは落札するだけ。
といってもこれが一番大変だったりします(^^;
 
かなりの高値になることは予想していましたが、オイラの予想を軽く超えてきました(>_<)
しかもサシの競り合いではなく、数人が絡んでの競り上がり。。。
みんな狙っていたんですね。。。
こんな機会は二度とないかもしれないので、ここは思い切って勝負!
 
やりました! 落札に成功しました!!! 
予算を大きく超えてしまったのは痛いですが、嬉しさの方が上回りますv(^o^)v 
 
 
後日、宮田くんから単管パイプを受け取ってラックを組み立てました。 
カヌーを乗せる横パイプにはローラー代わりに1m長の薄手の塩ビ管(VU50)を2本ずつ通しておきました。
ローラーのように回らなくても、滑りのいい塩ビ管ならガンネルの保護にはなりますからね。
 P6260001
 
試しにパスファインダーを乗せてみると。。。
塩ビ管は回ってくれませんでした(^^;
でも滑りがいいのは間違いないので、使いやすいです。
 P6260002
 
パイプに通す塩ビ管を1m×2本にしたのは1艇をラックに乗せたまま、もう1艇を出し入れする時に個別にローラーとして機能しれくれればいいなという期待から。
どうせ回らないんだったら2m×1本にしておけばよかったかも。。。
 
今日は朝から年に一度の人間ドック。
 Img_7064
 
ランチは病院内にあるタニタ食堂でヘルシーに(^^)
 Img_7065
 
午後からはNC700Xのユーザ車検のために大宮の埼玉陸運支局へ。
2年ぶりに乗ったNC700Xは改めていいツーリングバイクだと思いました。
足回りはオーリンズのフロントスプリング+ナイトロンのリアショックの組み合わせですが、これがまたいい味だしてます(^^)
 
肝心の車検は一発OK!
 P6290001
自賠責が安くなっているので、合計17,020円でできました(^^)
 
 
そして夕方からチャールズリバーの引取りへ。
出品者の方も予想外の高値だったとのことで、感謝されました(^^;
 
XVに積み込み完了♪
 P6290004
 
 P6290003
 
 P6290002
 
パスファインダーより長くてバウがせり上がっているので前方視界は悪いです(^^;
でもアイサイトは問題なく作動してますよ。
 P6290005
 
キャリアの上で一晩過ごしてもらって、明日、寄居町で初漕ぎの予定です♪
楽しみだな〜o(^^)o
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

【Mavic Air】 ウチにもドローンがやってきた!

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
ラジコンを楽しんでいた時から飛行機やヘリコプターといったいわゆる「空物」にはずっと手を出すまいと思っていました。
ラジコンカーなど基本的に地面に張り付いているものは、仮に制御不能状態になってもその後に起こりうる被害が限定的ですが、空物の場合は他人に怪我をさせたり、車や家などの動産/不動産に被害を与えたりと、ちょっと責任とれないかも?というのがその理由でした。
 
ところが、最近のドローンってGPSや各種センサーによって『ぶつからない、墜落しない』が現実のものとなってきているんです。
もちろん「トイドローン(ToyDrone)」と呼ばれる1~3万円前後で買える、性能よりも手軽さを重視した物はその限りではありませんが。。。(^^;
 
で、ドローンに詳しい伊豆さんにオススメの機体について相談したところ、「現状では『Mavic Air』一択!」とのことでした。
実際に伊豆さんの会社で『Mavic Air』のデモ飛行を見せてもらいましたが、機体の安定性、障害物回避能力など、オイラが想像していた以上の性能を見せてくれました。
 
想定していた予算を大きく上回ったので躊躇しましたが、安物買いの銭失いにならないようにとポチしました。
 
数日後。。。
 
思ったよりも大きな箱で届きました♪
 Img_7063
注文したのは『Mavic Air FLY MORE COMBO』。
単体に比べ、予備バッテリーやバッテリー充電ハブ、トラベルバッグなどが付属されたお得なセットです。
機体色は白(アークティックホワイト)、黒(オニキスブラック)、赤(フレイムレッド)の3色がありましたが、箱絵にも描かれている白(アークティックホワイト)にしました(^^)
 
本体はアームが折りたためるのでキャリングケースにコンパクトに収納されています。
 Rx401792
 
目立つ位置に「くまモン」を貼り付け♪
 Rx401793
 
 Rx401794
 
 Rx401795
 
 Rx401796
 
送信機にはビックリ顔の「くまモン」。
 Rx401801
 
バッテリーには「ひょっこりくまモン」付きのネームシールを貼りました。
 Rx401797
 
バッテリーは予備も含めて3本あるので、日の丸シールにマッキーで番号を振りました。
 Rx401798
 
トラベルバッグには本体と送信機、バッテリー2本と充電器などが収まります。
 Rx401799
 
 Rx401800
 
「クイックスタートガイド」は同梱されているものの、「ユーザマニュアル」は同梱されていないのでDJIのサイトからダウンロードしておきました。
 
といっても、初心者にはユーザマニュアルがあってもわかりづらいので、ネットで様々な動画を参考にしながらアクティベートしました。
 
一応、設定はできたはず。
 
今週末に飛ばしてみたかったのですが、あいにくの空模様なので無理っぽいです。
来週末には飛ばせるかな?
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

【スバルXV】北海道カヌー旅行 計画編(2)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
旅行日程を決めました!
8/16(木)の終業後に出発して8/17(金)の朝に函館上陸。
初心者のオイラでも楽しめるカヌーポイントを移動しながら遊んで、8/24(金)の深夜に函館からフェリーに乗り、8/25(土)の朝方に青森に到着して帰ってくるという予定です。
天気によってフェリー欠航とかもありえるので、翌8/26(日)は予備日という扱いですね。
 
日程が決まったので、まずはフェリーの確保です。
津軽海峡フェリー」の『青森・青森 ⇔ 函館』航路を利用します。
 
往路は8/17(金)5:20青森港発 9:00函館港着の 5便、
復路は8/25(土)0:30函館港発 4:10青森港着の 2便を『海割ドライブ』で予約しました。
 
今回の旅行は車中泊を基本としますが、足寄町の『クマゲラ』さんをちょうど中日にあたる 8/21(火)に宿泊予約しました。 
  Srx05947
ぢぢカヌー」の奥さんに紹介してもらって初めて訪れたのが2017年の夏のツーリングの時
この時は店主でカヌー乗りの亜香里さんにご挨拶し、「十勝ビーフカレー」を頂いただけ。
 Srx05953
美味しいカレーでした(^^)
 
今年2月に陸別町の「しばれフェスティバル」に参加した後に宿泊予定でしたが、強風で民宿部屋の窓ガラスが割れるというまさかのトラブルのために宿泊できませんでした(>_<)
それでも立寄って、また「十勝ビーフカレー」を頂きましたが、このときは亜香里さんは鹿撃ちに同行していたので会えませんでした。
 Rx401104
 
 Rx401106
うまくタイミングがあえば亜香里さんと釧路川でカヌーできるかも?
 
さて、メインとなるカヌーの予定です♪
今回訪れる予定なのは以下の通り。
 (1)大沼国定公園 
 (2)洞爺湖(とうやこ)
 (3)支笏湖(しこつこ)
 (4)浜中町・琵琶瀬川(びわせがわ)
 (5)厚岸町・別寒辺牛川(べかんべうしがわ)
 (6)塘路湖(とうろこ) & 釧路湿原
 (7)屈斜路湖 & 釧路川源流部
 (8)美々川(びびがわ)
 
大雨や強風で身の危険を感じるほどでない限り、少々雨が降ってもカヌーに乗ろうと思っていますが、オイラの旅行中の晴天率はかなり高いほうなので、きっと杞憂に終わると信じています(^.^) 
雪の中でも乗ったしね(^^)
 P2050138  
 
出発まであと2ヵ月♪
プランニングをしていると徐々にテンションが上がってきましたo(^0^)o 
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

【スバルXV】北海道カヌー旅行 計画編(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
例年7月上旬に北海道へバイクツーリングに行っています。
ここ数年はソロなので、かなり早めに宿の手配をしないとなかなか宿が取れません。
大体 6ヶ月前くらいから探し始めて、3ヶ月前くらいにはほとんど決めています。
 
ところが今年は本業が忙しく、予定が全く立たなかったため、宿の手配どころではありませんでした。
実際、7月上旬が仕事のピークになりそうなので、見切り発車で宿を押さえなくてよかったです。
 
ようやく仕事の目処がたってきて、8月下旬にまとまった休みが取れそうです。
そこで、今年はバイクツーリングではなく、XVにカヌーを積んで、北海道のカヌースポットを巡ろうと思います♪
 P5260002
 
もちろん、オイラのような初心者でも安全な川や湖限定ですけどね(^^;
 
時期的に宿を押さえるのは難しいので、基本的には車中泊の予定。
カヌースポットを移動しながら現地の温泉や銭湯で日帰り入浴しようと思っています。
洗濯はコインランドリーを利用し、疲れを取る意味で、何泊かは宿に泊まれればいいかなと思っています。
 
 
まずはどうやって北海道に上陸するか?
埼玉在住のオイラが採り得るルートは以下の4つ。
 ①茨城・大洗 ⇒ 苫小牧
 ②青森・八戸 ⇒ 苫小牧
 ③青森・青森 ⇒ 函館
 ④青森・大間 ⇒ 函館
バイクでは③以外の3航路は使ったことがあります。
他には「新潟 ⇒ 小樽」、「岩手・宮古 ⇒ 室蘭」という航路もありますがどちらも1日1便で時間の融通がききそうにないので見送りです。
上記 4航路のコストと所要時間を比較してみます。
出発は埼玉・川口で、目的地は「支笏湖」に仮設定して検討開始です。
なお、燃費は12Km/L、ガソリン代は150円/Lで算出しました。
実際はもっと燃費もいいはずだし、ガソリンもそこまで高くないと思いますが。。。(^^;
 
まず①の茨城・大洗 ⇒ 苫小牧。
これは「商船三井フェリー」の航路です。
8月下旬は"C期間"に該当します。
最もリーズナブルな「夕方便 ツーリスト」(いわゆる2等客室)利用で車両5m未満が32,910円。
ネット予約すれば、旅客運賃・乗用車運賃が 5%offとなるので31,265円です。
常磐道・三郷ICから大洗港の最寄ICとなる「水戸大洗IC」まで高速道路を使うとして高速代を算出。
苫小牧から支笏湖も近いので、総走行距離は142.8kmでもちろん最短。
費用は35,930円とまずまずですが、乗船時間が約18時間と長いので、実働時間トータル約20時間。
もちろん身体的には一番ラクチンですが、フェリーターミナルでの待ち時間などを加えるとほぼ丸一日を移動に費やすことになります。
この航路は2014年、2015年の2回使いましたが、実際、乗船中は時間をもてあますんですよね(^^;
 Dsc04892
 
次は②青森・八戸 ⇒ 苫小牧。
これは「シルバーフェリー」の航路です。
期間による運賃の差はなく、車両5m未満で25,000円。
ネット割引で 10%offとなるので22,500円です。
東北道・浦和ICから八戸港の最寄ICとなる「八戸IC」まで高速道路を使うとして高速代を算出。
支笏湖までの走行距離は690.1km。
総費用は39,890円とちょっと高め。
乗船時間も約8時間と身体を休めるにはちょうどいい時間で、実働時間トータル約16時間15分。
この航路は2017年に使いましたが、道央・道東がメインなら十分にありえるルートです。
 Srx04923
 
次は③青森・青森 ⇒ 函館。
これは「津軽海峡フェリー」の航路です。
期間による運賃設定があるのですが、現在『海割ドライブ』というキャンペーンをやっています。
これは普通車1台の定員まで何名乗っても(最大8名)一律14,800円というもので、人数が多ければ多いほどお得。
オイラの場合は1名なので、お得額は小さいものの、本来ならC期間で最も高い期間に最安のA期間と同額で乗れるのでお得です。
東北道・浦和ICから青森港の最寄ICとなる「青森IC」まで高速道路を使うとして高速代を算出。
函館に着くので北海道内の移動距離が長くなり、支笏湖までの総走行距離は932.2km。
なお、基本的に北海道内では高速道路の利用は考えていません。
費用は35,846円と①とほぼ同額。
乗船時間が3時間40分と短いので、実働時間トータル約16時間と最短。
函館に上陸できるので大好きな『ラッキーピエロ』に行けるというのが最大のメリットです(^^)v
 
最後に④青森・大間 ⇒ 函館。
これも「津軽海峡フェリー」の航路です。
③と同様にこちらの航路も、現在『海割ドライブ』をやっています。
③よりも距離が短いので一律11,800円。
東北道・浦和ICから大間港の最寄ICとなる「下田百石IC」まで高速道路を使うとして高速代を算出。
下田百石から大間までの下道移動が長いので、支笏湖までの総走行距離は1,026.3kmと最長となります。
費用は33,643円と最安。
乗船時間が1時間30分と短いのでショートスリーパーのオイラでもゆっくり眠るというわけにはいきません。
実働時間トータル約16時間ちょっとと③と②の中間でした。
大間まで行っても名物のマグロも高いだけなのであまりありがたみもない。
恐山観光と組み合わせるのならアリかなというくらいですね。
 P1060092
 
ということで、今回は③の青森・青森 ⇒ 函館ルートで行くことにします♪
③の航路は使ったことがないというのもポイントです(^^)
 
北海道に上陸した日を有効に使いたいので、青森5:20発-函館9:00着の便に乗ります。
逆算すると青森港に4:00頃に着けばいいので、青森港まで 700km弱、8時間かかるとして20:00に出発すればOK。
平日の仕事終わりに出発しても十分間に合うというのは大きなメリットです(^^)
 
これで久しぶりに「ラッピ」の『チャイチキ』が食べられる~♪
 Dsc00144
楽しみです..o(^O^)o 
 
屈斜路湖 & 釧路川はもちろんですが、支笏湖や洞爺湖にも行ってみたいと思います。
楽しみだなぁ。。。
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

«【スバルXV】12ヶ月点検♪